エスクァイアのグレードの違い

エスクァイアのグレード選びで悩む必要はありません

エスクァイアのグレードを選びたいんだけど、いろんなグレードがあってよくわからない、そもそも何を基準に考えたらいいかすらわからない、という方をよく見かけます。

 

エスクァイアのハイブリットとガソリンはどっちがいいんだろう?
エスクァイアのグレード毎の装備はどうなってるの?
色々グレードがあるけれど、安いのと高いのの差は何?

 

皆さんそれぞれ、エスクァイアのグレードのことでわからないことがあるようです。

 

こちらのサイトでは、そんなお悩みをもった方々のためにエスクァイアのグレードをとことん比較し、あなたが自分自身にとって最もふさわしいグレードを選択する為のお手伝いをいたします。

 

はじめにエスクァイアにはどんなグレードがあるかの把握を行いましょう。エスクァイアのグレード一覧表を下に用意しましたのでご確認下さい。

 

エスクァイアグレード名 価格 燃費(JC08モード)
ハイブリッドXi 3,108,437円 23.8km/リットル
ハイブリッドGi 3,255,709円 23.8km/リットル
Xi 2,688,218円 16.0km/リットル
Gi 2,874,763円 16.0km/リットル

 

エスクァイアのグレード名の最初に「ハイブリッド」がついているのはハイブリッドエンジン、ついていないのはガソリンエンジン搭載のグレードになっています。エスクァイアのハイブリッドエンジンのグレードは車体価格が300万円以上になりますので、エンジンの選択の前にまず予算300万円が用意できるかどうかという点について検討しましょう。

 

エスクァイアのグレードごとの違いを解説

 

次は、エスクァイアのグレードごとの違いについて説明していきます。

 

燃費性能

 

エスクァイアのパワーユニットはハイブリッドエンジンとガソリンエンジンの2種類から選ぶことができます。
最初に燃費性能を確認しますので、以下の表を見て下さい。

 

パワーユニット 燃費性能
ハイブリッドエンジン 23.8km/リットル
ガソリンエンジン 16.0km/リットル

 

エスクァイアのハイブリッドエンジンはガソリンエンジンより7.8km/リットルも燃費面で優れているのです。具体例として実際に1km走った時の費用を算出してみると、これがいかに大きな差かわかります。

 

 

実際に1km走った時の費用

ハイブリッドエンジン ガソリンエンジン
5.0円 7.5円

 

上記の表を見てもわかるように、エスクァイアのハイブリッドエンジンは1kmあたりの燃料代が2.5円も安くなるのです、これはもしも10万キロ走ったとしたら、燃料代は25万円も差がついてくるということなのです。

 

それならエスクァイアでハイブリッドエンジンを選んでおけば得だし迷うことは無いんじゃない?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そういうわけにもいきません。ハイブリッドエンジン車はガソリンエンジン車よりも40万円ほど高いですから、この差を燃料代で相殺するにはガソリンエンジン車より16万キロ以上多く走る必要があります。

 

ですが、エスクァイアの場合ハイブリッド車はガソリン車よりも売却する際の価格が高くなりますし、エコカー減税の面でも有利ですので、実際の差額は40万円よりもやや少なくなります。

 

こういった要素をすべて考えた上で計算すると、ハイブリッドとガソリンのコストが釣り合うのは走行距離10万キロあたりになります。走行距離10万キロ以上ならハイブリッド車、それ以下ならガソリン車の方がトータルコストを抑えることができます。

 

エスクァイアのハイブリッドの優れている点は燃費以外にもあります。

 

付属しているモーターの効果で、ガソリンエンジンよりもパワーが上

 

ハイブリッドエンジンには従来のエンジン以外にもモーターが付属しており、その分のパワーを利用できる場面が多々あります。いつでもというわけにはいきませんが、モーターのパワーを利用できる局面ではガソリンエンジン車と比べると力強さが増している実感があるでしょう。

 

低燃費だから、給油回数を少なくできる

 

エスクァイアの燃料タンクは55リットルですから、満タンまで給油した状態での走行距離は下記のようになります。

 

・ハイブリッド → 1309km
・ガソリンエンジン → 880km

 

カタログ燃費と実際に走ってみての燃費は違いますから、この距離を実際に走ることができるという訳では無いのですが、ハイブリッドは1000km、ガソリンエンジンは600km程度は走れるでしょう。これはハイブリッドならば東京名古屋間を一度の給油で往復できるということになります、一方ガソリンエンジンでは厳しいです。

 

つまりロングドライブにおいては、面倒な給油回数を減らせるハイブリッドの方が快適に運転することができるのです。

 

ここまでエスクァイアのハイブリッドとガソリンの違いを説明してきましたが、それぞれどちらにも優れている点があります。ハイブリッドをオススメな人、ガソリンをオススメな人をまとめるとこのようになります。

 

ハイブリッドをオススメな人 ガソリンをオススメな人

・10万キロ以上エスクァイアに乗るつもり。

・給油回数は少なくしたい。

・ちょっとでもパワーがあるほうがいい。

・2~3年で乗り換える。

・予算はなるべく少なく。

 

装備の違い

 

次にエスクァイアの各グレードの装備の違いを比較していきます。

 

エスクァイアのハイブリッドの装備

 

最初にハイブリッドグレードの装備を確認していきましょう、下記の図を御覧ください。

 

 

  両側パワースライドドア 快適温熱シート クルーズコントロール
ハイブリッドXi 助手席のみ -
ハイブリッドGi

 

 

エスクァイアグレードの人気面で言えばやはりハイブリッドGiでしょう、クルーズコントロールが追加装備されることで安全度が上がっている他にハンドルやシート素材がワンランクアップし内装が豪華になっています。Xiではクルーズコントロールのオプション追加ができません、15万円高くてもより安全であるGiに人気が集まっているようです。

 

気になるのはパワースライドドアについてです。下位グレードのXiだとパワースライドドアが助手席のみとなり、両側対応のGiに比べて利便性は落ちます。一応メーカーオプション(59,400円)で両側にできますが、コストが増えるのでそれなら初めからGiにしておいたほうがいいかもしれません。

 

エスクァイアのガソリンエンジングレードの装備

 

次にエスクァイアのガソリンエンジングレードの装備をご紹介します、ハイブリッドグレードよりも下位グレードと上位グレードでの装備の充実度の差が大きくなっています。

 

  両側パワースライドドア 快適温熱シート クルーズコントロール
Xi 助手席のみ - -
Gi

 

エスクァイアのハイブリッドと同じくガソリンエンジングレードでも、上位グレードのGiが人気です。Xiとの差は20万円と決して安くはありませんが、クルーズコントロールの追加装備、ハンドルやシートの素材が上質になっているのに加えて快適温熱シートが備わります。価格アップ分の価値は十分にありますので、予算に余裕があればこちらを選ぶのがいいでしょう。

 

ハイブリッドと同じく、エスクァイアガソリン下位グレードXiははパワースライドドアが助手席のみなのが痛いです。Xiを選んで我慢するか、はじめからGiを選ぶという選択となるでしょう。

 

駆動方式と乗車人数はどうする?

 

エスクァイアのグレード選びでは、駆動方式と乗車人数も重要な要素になっています。

 

駆動方式はガソリン車のみ、2WDか4WDかの選択肢があります。ハイブリッドは2WDしかあらべませんので、ガソリン車を選んだ方だけどちらにするか考えていきましょう。

 

エスクァイアで4WDを選んだ場合は、車体価格が20万円程度高くなることに加え、燃費悪化により10万キロ走行すると想定した場合、10万円ほど燃料費負担が重くなります。つまり4WDにして場合にはトータルコストが25万円~30万円程度増えることを頭においておきましょう。毎年必ず雪が積もる地域に住んでいる場合や、山道などのオフロード主体での使用であれば話は別ですが、そうでなければコスト増と釣り合いませんので、エスクァイアでは2WDを選んでおくのをおすすめします。

 

乗車人数ですが、ハイブリッドはこちらので7人乗り限定になっています、ガソリン車のみ7人乗りにするか8人乗りにするかを考えましょう。

 

以外なことに、実はエスクァイアの7人乗りのほうが8人乗りよりも3万円高いのです。乗車人数が少ない方が高い秘密はシートアレンジにあります。8人乗りと比べて7人乗りは様々なシートアレンジが可能なため、シート周りの構造が複雑になっており、その分が車体価格に反映されているのです。3万円高く乗車人数が1人少なくなりますが、ここでは7人乗りをおすすめします。2列目シートがセパレートになるなど快適度のアップは間違いないですから、どうしても8人乗りでなければまずいというわけでもなければ、7人乗りを選んでおきましょう。

 

特別仕様車はどうする?

 

エスクァイアには「ハイブリッドGi」と「Gi」をベースグレードとした特別仕様車「Black-Tailored」があります。この項目ではのグレードについて紹介していきます。

 

グレード名 価格
ハイブリッド Gi Black-Tailored 3,295,963円
ハイブリッド Gi 3,255,709円
Gi Black-Tailored 2,924,837円~3,160,473円
Gi 2,844,327円~3,079,963円

 

エスクァイアのBlack-Tailoredはフロントグリルやフォグランプ、ヘッドライト、そして合成皮革のシートを採用するなどワンランク上の専用装備が施された特別仕様車で、ブラックを基調とした内外装デザインが採用されています。

 

外装は、ダークメッキを施したフロントグリルやフロントフォグランプベゼルに加え、スモークメッキを施したボンネットフードモールやリヤガーニッシュを特別装備するなど、より高級感を演出しています。

 

内装は、ルーフやピラーガーニッシュをブラックとするとともに、助手席オーナメントやドアトリムオーナメントにアクセントとしてピンキッシュゴールドを施したほか、専用のシート表皮(合成皮革)を採用するなど、より上質な室内空間を創出しているともいえるでしょう。

 

また、LEDフロントフォグランプの採用や、リアオートエアコンを全車に標準装備するなど、より魅力的な仕様としたほか、外板色に特別設定色アイスチタニウムマイカメタリックを含む全5色を設定しています。

 

おすすめグレードはこれ!

 

ハイブリッド、ガソリン車どちらもGiの方がより多くのユーザーの人気を獲得しています。

 

エスクァイアはMクラスミニバンですが、その中でひとつ上のステージである高級車を目指すコンセプトを明確にしています。上級グレードであるGiに人気が集まっているのはメーカー側の意識とユーザーのニーズが噛み合っている証拠です。Giを選んでおけば間違いないでしょう。それでもまだ満足できない、ということであれば特別仕様Black-Tailoredを選んで自分のこだわりをとことん追求していきましょう。

 

格安でエスクァイアを買う方法

 

エスクァイアのどのグレードを買うかは決まったのに、予算が完全にオーバーだ…

 

という感じで困っている人も多いはずです。ここからはエスクァイアの格安購入術の紹介をしていこうと思います。

 

エスクァイアの格安購入術01

 

エスクァイア以外でも同じことなのですが、新車は基本的にディーラーで値引きをすることができます。

 

しかし、その商談を上手く進めるためには交渉技術が必要になってきますし、うまくいかなければ交渉に費やした時間は無駄になってしまいますし、結果的に5万円引き程度の少ない値引き幅になってい舞うこともあり得ます。

 

エスクァイアであれば、トヨタディーラー同士を競合させたり、ライバル車を競合あせたりといったバリエーションのある交渉が可能です。

 

具体的なエスクァイア値引きテクニックについては、↓のサイトで詳細な解説があります。ぜひ一度ご覧ください。

 

→ エスクァイアの値引きのチェックポイント

 

エスクァイアの格安購入術02

 

とはいえ、値引き交渉うまくいかせる自信なんてないなあ…という方も多いはずです。

 

そこで、エスクァイアの新古車や未使用車を狙ってみるという手段もありです。

 

新古車っていっても中古車だし、品質に不安があるなあ…と思われるかもしれませんがそれは違います。

 

走行距離

新古車であれば基本的に1~10キロ程度ははしっていることになりますが、実は新車も同じなのです。新車は様々なテストを行いますが、最終テストで数キロは走行します。ですから、新古車と新車では車体状態はほとんど変わらないのです。

 

メーカー保証

新車であれば3年間のメーカー保証がついています。しかし、新古車であってもディーラー持ち込みで3年のメーカー保証をつけることができます。ということで保障に関しても新車と新古車の違いはありません。

 

新古車の最大の利点は何といっても価格が安くなることです。エスクァイアであれば定価より30~50万円引きがしょっちゅうです。値引き額の相場は20万円程度ですので、比べればいかに新古車の恩恵が大きいかわかります。

 

新古車を探すのであれば「ズバット車販売」がいいでしょう。

 

 

上記の図は一例ですが、備考欄に「未使用車を希望します」「予算は〇万円以内で」といった要望を書いておけば、その条件に適したエスクァイアを紹介してもらえます。

 

ズバット車販売の公式サイトはこちら
http://www.zba.jp/car-hanbai/

 

ズバット車販売を経由すれば、ネットでは探しても見つからない非公開の車両も紹介してもらえるので、ぜひ1度利用してみるといいでしょう。

 

愛車の相場チェックを忘れずに

エスクァイアを買うのであれば、現在乗っている愛車は売却するはずです。かなりの割合の人たちがディーラー下取りを利用しているようですが、ここに注意です。ディーラー下取りを利用した場合には、実際の相場と比べて数十万安くなってしまいますから気をつけないと大損をしてしまうことになります。

 

ですから、ネット一括査定を使って高額買取を狙っていきましょう。一括査定であれば多くの業者が一台の車を取り合うことになりますから、必然的に買い取り額はアップしていきます。

 

↓おすすめの一括査定は「ズバット車買取比較」です。
https://www.zba.jp/

 

1分程度の短時間で査定が終わりますので手間もかかりません。

 

↓またすぐその場でざっくりとした買い取り相場を知ることもできます。

 

 

実際に下取り価格よりも30万円以上高くなるケースも多くありますから、一度は査定してみましょう。

 

ズバット車買取比較の公式サイトはこちら
https://www.zba.jp/